睡眠サプリ 睡眠薬 違い

睡眠サプリと睡眠薬の違いは?

睡眠サプリと睡眠薬の違いは?

 

睡眠サプリと睡眠薬、名前もそんなに変わらないし違いなんてあるんだろうか、と思っている方もいるかもしれません。

 

しかし、それは大きな間違いです。

 

睡眠サプリと睡眠薬は、飲み方も違えば、効果も違います。それぞれメリットやデメリットもありますので、今回はそれも踏まえて詳しくお話していきたいと思います。

 

 

睡眠サプリと睡眠薬の違いは?

◆睡眠サプリ
一言で言うと、不足した栄養素を取り戻し本来の身体の状態を取り戻す薬です。

 

睡眠サプリは、成分を一度体が吸収します。そこから、足りない栄養素を補給し、身体の機能が十分に働けるようにサポートする役目があります。

 

つまり、デメリットは睡眠を直接的に誘導するものではないということ。メリットは、身体にあまり負担をかけずに、正常な身体に戻すお手伝いをしてくれるということです。

 

あくまでもサプリメントになるので、すぐに効果が得られるわけではありません。私生活に支障が出るくらい不眠症に悩まされている場合は、サプリメントではなく、睡眠薬がおすすめです。

 

 

◆睡眠薬
一言で言うと、直接的に脳に作用してくれる薬です。

 

しかし、最大のデメリットは、配合された成分がダイレクトに脳に届くので身体の中から抜けにくく、ふらつきや集中力の低下を引き起こす原因になりかねない、ということです。これをメリットとしてとらえるのであれば、効果は絶大ということになります。

 

 

睡眠薬を飲んだからといって身体の病気や睡眠不足の原因が改善されるわけではありません。

 

あくまでも「眠りにつくための誘導」です。どうして眠ることができなくなったのか、しっかりと原因を突き止め、解決してあげないといつまでたっても睡眠薬が手放せなくなります。

 

睡眠薬はサプリメントに比べて強い成分が配合されているので、病的なまでに眠れない場合にのみ使用するとよいでしょう。

 

あまり症状が出ていない時に睡眠薬を飲んでしまうと、副作用がほかよりも出やすい場合があるので、服用の際は十分にご注意ください。

 

 

成分の違い

◆睡眠サプリメント
ハーブや天然成分を添加したものが多く取り扱われています。代表的なものでは「バレリアン」というハーブが挙げられます。

 

最近では「グリシン」「テアニン」といった、ミネラル成分を含むサプリメントにも注目が集まっているようです。

 

中でもアミノ酸系のサプリメントは、副作用の危険性はごく稀だといわれています。

 

元々アミノ酸は、日常の食べ物にも含まれているような成分なので、メーカーの書かれている容量を守って服用している場合であれば、副作用は考えにくいとされています。

 

 

◆睡眠薬
処方されているものの多くは「ベンゾジアゼピン系」だといわれています。

 

主に神経の過度な興奮を抑える効果があり、脳内神経伝達物質の分泌量を増やし、脳の興奮や覚醒を抑える働きがあります。

 

ひとつに睡眠薬といっても、血中濃度半減期が異なります。なので、一人ひとりに合った睡眠薬を処方してもらう必要があります。

 

 

依存性の違い

◆睡眠サプリ
決められた飲み方で服用していれば依存することはありません。「依存性はない」とお答えしてよいでしょう。

 

◆睡眠薬
サプリメントと比べて効き目が早く手っ取り早く効果を得ることが出来るので、一度飲み始めるとクセになってなかなかやめることができない、という方も中にはいます。

 

つまり依存性は「高い」といってもよいでしょう。しかし、使用した全員が依存してしまうわけではありません。

 

 

では、なぜ依存してしまうのか。

 

睡眠薬にもさまざまな種類がありますが、効果がすぐに得られるものほどリスクが高いとされています。

 

依存性になりやすかったり、服用とやめると激しい離脱症状が出たり、気分が落ち込んだり、気性が荒くなったりと副作用が出てしまったりするのです。

 

しかし、飲み方さえ間違えなければ、睡眠薬に頼りきりにならなければそんな心配も必要ありませんので安心してください。

 

 

サプリと薬を併用してもいい?

睡眠サプリは必要なものを補うためのものなので、それだけを考えれば併用はしても「良い」と言えます。

 

しかし、薬の作用を弱めてしまう成分が入っている可能性もあるので、併用する場合は必ず医師に相談してから服用するようにしてください。

 

現物を持っていくとわかりやすくてよいかと思います。

 

 

さいごに

ここまでお話してきましたが、睡眠サプリと睡眠薬の違いはお分かりになったでしょうか。

 

効果がすぐに得られるのは「睡眠薬」ですが、深刻な悩みではない場合は「睡眠サプリ」を服用しましょう。

 

今の自分の状態では依存してしまうかもしれないと感じた方は、薬に頼る前に一度お近くの病院を受診されることをおすすめします。

 

眠れない夜が続くと、精神的にも肉体的にも辛いですよね。

 

少しでも生活を快適にするために、自分の健康のためにサプリメントや薬を飲むことは決して悪いことではありません。

 

我慢して体調を崩す前に、薬やサプリメントで補足する・助けるという選択肢も増やしてみてはいかがでしょうか。