睡眠サプリ 漢方薬 違い

睡眠サプリと漢方薬の違いは?

サプリと漢方薬の違い

 

なかなか寝付けずに睡眠不足になってしまったこと、それが続いて不眠症になってしまった経験はありませんか?

 

現代では、そんな悩みをサプリメントや漢方薬で補うことができます。

 

では一体、睡眠サプリと漢方薬どちらの方が効果を得ることができるのか、大きな違いはあるのか、漢方薬の種類について詳しくお話していきたいと思います。

 

まずその前に、みなさんは【不眠症】についてどこまでご存知でしょうか。

 

西洋医学の考え方では、「横になり眠ろうとしているのに、眠れない」「夜中に何度も起きてしまう」「眠っても熟睡感が得られない」「朝早く目が覚め、そのあと眠りに付けない」「眠りが浅い」「睡眠時間が短い」…このような状態が3週間続くことを、一般的に【不眠症】と呼びます。

 

不眠症になる原因は様々ですが、最大の原因はストレスが多いと言われています。

 

本来なら、ストレスを抱え込む前に発散してしまうのが一番理想的ですが、人は日々生活していく上で必ずしもストレスを感じています。

 

そのストレスを自分だけでは回避できなくなったときに、身体からのSOSとして不眠症などの症状が出るのです。

 

そんなときは我慢するのではなく、まずは病院で診てもらうのも選択肢の一つです。そこから睡眠サプリや漢方薬など選択肢を与えてくれる場合もあります。

 

では、自分だけで漢方薬か睡眠サプリか選ぶ場合はどこをチェックすればいいのでしょうか。

 

 

漢方薬の睡眠に対する役割とは

漢方薬と言われて真っ先に想像するのはなんでしょうか。みなさんに馴染みがあるのは、胃腸薬などの漢方かと思います。

 

では、睡眠に効く漢方薬とはどんなものがあるのでしょうか。どんな役割があるのでしょうか。

 

まず、漢方医学には「気・血・水」というものがあります。

 

【気】の疲れが溜まっていて眠れない場合は気の流れをスムーズにしてくれる処方を、いらいらして眠ることのできない人には気分を落ち着かせる処方を…というように、原因をしっかりと突き止め、それを改善するために薬が処方されます。これが漢方薬の大きなポイントです。

 

 

代表的な睡眠症状別の漢方薬

◆「黄連解毒湯」
のぼせ気味・顔色が赤い・いらいらして落ち着かない傾向の人の不眠症/神経症

 

◆「柴胡加竜骨牡蛎湯」
精神不安・便秘・高血圧の随伴症状/神経症

 

◆「三黄瀉心湯」
のぼせ気味・精神不安・みぞおちのつかえがある高血圧の随伴症状/更年期障害

 

◆「加味帰脾湯」
心身が疲れている/血色が悪い人の睡眠不足/精神不安

 

◆「加味逍遙散」
のぼせ気味・肩こり・疲れやすい・精神不安のある不眠症/更年期障害

 

◆「帰脾湯」
心身の疲れ・精神不安のある不眠症/神経症

 

◆「酸棗仁湯」
心身の疲れ・精神不安がある不眠症/神経症

 

◆「抑肝散」
神経が高ぶり怒りやすい・いらいらしてる人の不眠症/神経症

 

◆「柴胡桂枝乾姜湯」
冷え性・貧血気味・神経過敏の不眠症/神経症

 

これらが有名な漢方薬になります。はじめて漢方を飲むという方は、まずはこれらの中から探してみるといいかもしれません。

 

中でも人のタイプによっておすすめの漢方薬は変わってきますので、じぶんが どのタイプの人間なのか知っておくといいかもしれませんね。

 

 

漢方薬と睡眠サプリの違いは?

◆漢方薬
不眠症以外の症状も考慮できるので、眠りにつきやすくするだけではなく、不眠の原因になった「冷え」「疲れ」「めまい」などの症状も同時に治していくことが可能になります。

 

さらに西洋薬と併用することで、睡眠薬の働きをサポートしたり、睡眠薬の副作用による口の渇き、疲労などをとるために用いられることもあります。

 

◆睡眠サプリ
睡眠の質を高めるサポートをしてくれるのが睡眠サプリメントです。あくまでサポートなので、不眠の治療や解決・原因の改善にはなりません。

 

しかし、上手に使用することができれば、食事からしか摂取することのできない必須アミノ酸をサプリメントで体内に取り込んだり、メリットもあるのです。

 

 

二つの大きな違いは「直接的に睡眠を誘発するか、しないか」です。

 

睡眠サプリは、飲むことで直接的に身体に働きかけるので、ゆっくりと眠気を誘います。

 

しかし、漢方薬は不眠症が起こる原因を解消してくれるので、より自然なかたちで睡眠に導いてくれます。

 

 

おわりに

睡眠不足に悩まされ、サプリメントを飲むか迷われているのであれば、まずはその原因を知ることが必要です。

 

どうして自分は眠れなくなってしまったのか、ストレス、悩み、疲労など理由は個々に違います。しっかりと自分と向き合い原因を突き止めた上で、まずは漢方薬をおすすめします。

 

睡眠不足になってしまった理由に合う漢方薬に出会うことができれば、その原因を解消し、以前のように自然に眠りにつけるようになれます。

 

しかし、この方法でも効果が得られなかった場合は、直接的に睡眠を誘発してくれる睡眠サプリに頼りましょう。

 

風邪薬もそうですが、過度の摂取はよくありません。眠れないからといって量を増やしたり、飲む頻度を増やしたりするのではなく、まずは自分のできるところから始めていきましょう。