睡眠サプリ 副作用、依存症

睡眠サプリには副作用や依存症があるってホント?

副作用について

 

不眠症で病院いくと処方されることの多い睡眠薬には、使うことで依存症になるリスクがあります。

 

睡眠薬を使わずに不眠症が改善できるのが一番良いのですが、薬ではない睡眠サプリも飲み続けて本当に安全なのか?副作用や依存症についても気になりますよね。

 

リスクのある睡眠薬を飲む前に、安心して睡眠サプリが飲めるようしっかりと疑問を解消することで充実した睡眠生活をおくりましょう。

 

 

睡眠サプリは安全に飲める?

睡眠サプリの多くは、アミノ酸成分や植物を原材料とする成分が配合されています。

 

睡眠サプリに配合されている成分は薬のように直接睡眠に働きかけるのではなく、どの成分も摂取することで最終的に睡眠の質をサポートする成分になるものばかりです。

 

また、睡眠薬の場合は短期使用でも効果が強力なので、運転などする場合には制限がかかりますが、睡眠サプリの場合は生活に影響を与えることはありません。

 

サプリというもの自体の効果が緩やかなであるため、安全性はかなり高いものになっています。

 

そもそも健康食品である睡眠サプリは摂取した栄養素が全て反映されるわけではなく、不要な分は体外に排泄されます。正しく飲んでいる限りでは問題が起こることはなく安全に飲めるものです。

 

 

睡眠サプリの副作用があるか

睡眠サプリは効果が緩やかです。睡眠薬のような即効性がない分、副作用などもほとんどなく幅広い人に対応しているもの特徴です。

 

睡眠サプリは食品の分類ですので毎日用量を守って使用する分には日常生活に支障が出ることはなく、長期的に継続して飲む方が健康にとってのメリットがあるのも人気の理由です。

 

ただ、中には副作用に注意しなければならない成分があります。

 

セントジョーンズワートは欧州の一部では医薬品として承認されていることもあり、作用も強く精神安定剤などを服用している場合に頭痛や眩暈、おう吐などを引き起こす場合があるとされています。

 

バレリアンは、習慣性や連続使用による不眠が出る可能性。 カモミールは、人によってまれにアレルギー反応が出る可能性があるとされています。

 

バレリアンもカモミールも欧州の一部では医薬品として扱われている成分です。

 

しかし、ほとんどの場合は、副作用はないので、安心しても飲むことができます。

 

 

睡眠サプリには依存症はあるか

睡眠サプリの中には、医薬品成分が入っていないので依存性はありません。どの製品も自然由来の植物から採取されたエキスや成分を凝縮させており、食べ物の中にも入っているので安心です。

 

睡眠サプリは分類としては食品なので、継続摂取することによって依存症を引き起こすことがない成分ばかりで構成されています。

 

高ぶった精神をリラックスさせる成分や健康を維持するのに必要な栄養素を補うものなので、毎日飲み続けても大丈夫なものです。

 

 

おわりに

睡眠サプリが安全で安心なものだということが解りましたが、その分作用も穏やかなであるというのが特徴です。

 

睡眠サプリで眠りと密接な関わりを持つ成分や栄養素の補給、自然と眠れるような体質へと導く休息して日々の疲れを回復する、ということに重点を置いて取り入れてみるのはいかがでしょうか。